カメラのお作法 2

こんにちは。

東京では、もう桜が散ってしまいましたね。

動画サービスの方も準備を進めているので、

動画サンプルを撮影するついでに写真も

パチリ。

これが今年最後の桜写真かな?

さて、前回のつづき

カメラは首からではなく、肩から掛けて持ち

運びましょうというお話をさせていただき

ました。

前回の記事はこちら

さて、ではどのように肩から掛けるのか。

●肩から下げる場合、レンズは内向き!

内向きって表現がよく分からないと思うので

こんな感じです。

カメラに付けているレンズが大きければ(長

ければ)大きいほど重要になってきます。

内向きにすることで、カメラの揺れ幅が少なく

なるので服の繊維との摩擦も少なくなり結果

キズがつく確率が少なくなります。

また、歩行の時など他の人にぶつかったり、

壁などにレンズをぶつけてしまう可能性

も減らす事ができます。

歩行中などに、望遠レンズなどの長くて重い

レンズをコンクリ壁なんかにぶつけてしまうと

確実にキズついたり、下手をするとレンズが

割れたしまったり、カメラの光軸が歪んでしまう

なんて事も・・・

こんな事を防ぐために是非カメラの内向き掛け

をオススメします。

今回はすみません、時間が無いのでここまで

仕事の合間に投稿させていただいてるので(笑)

次回はカメラのお作法 3

カメラストラップについての2点つの大事な点

を説明させていただきます。

ではまた〜

#カメラの使い方 #カメラ初心者

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
No tags yet.

2019 HARENOHI PHOTOGRAPH

 tel & fax 03-6913-4644

当ホームページに掲載されている画像・文章・図表などの無断転載を禁じます。

ご連絡お待ちしています。

 

撮影お申し込みはメールや電話で随時受け付けております。

出産撮影のお申し込みは出産予定の1ヶ月前までが目安となっておりますが、それ以降の場合もご相談下さい。

他のプランは撮影のご予約状況にもよりますが、入院中(退院までの間)のご依頼でも受け付けております。

心配な点や疑問点など、お気軽にお問い合わせください。